THE BED OF PROCRUSTES: プロクルステスのベッド

THE BED OF
PROCRUSTES

PHILOSOPHICAL AND PRACTICAL
APHORISMS
Nassim Nicholas
T a l e b


プロクルステスのベッド
哲学的かつ実践的な箴言集
ナシーム・ニコラス・タレブ

なぜタレブは、「哲学的かつ実践的な箴言集」を「プロクルステスのベッド」という題名にしたのか?

そもそも「プロクルステス(人の名前だ!)」とは何者なのか?

その謎を一緒に解いていこう♪

ちなみに、このページの日本語は全て、私が独断でニュアンス付け(nuancing)したものだからね。

NOTICE


Aphorisms are different from conventional text. The author recommends reading no more than four aphorisms in one sitting. It is also preferable to select these randomly.

THE BED OF PROCRUSTES

PRELUDES: 序曲(前触れの箴言)
COUNTER NARRATIVES:逆説の一言
MATTERS ONTOLOGICAL:実在
THE UNIVERSAL AND THE PARTICLAR:普遍的なものと特殊なもの
CHANCE, SUCCESS, HAPPPINESS, AND STOICISM: 偶然、成功、幸せ、そして理性(ストア・禁欲)主義
THESEUS, OR LIVING PALEO LIFE:テーセウス、あるいは古の暮らしを生きる
THE REPUBLIC OF LETTERS:哲学界
FOOLED BY RANDOMNESS:まぐれ
AESTHETICS:美学
ETHICS:道徳(倫理学、道徳哲学)
ROBUSTNESS AND ANTIFRAGILITY:頑健さと反脆さ
THE LUDIC FALLACY AND DOMAIN DEPENDENCE:お遊びの誤りと領域依存
EPISTEMOLOGY AND SUBTRACTIVE KNOWLEDGE:認識論と引き算の知識
THE SCANDAL OF PREDICTION:予測のスキャンダル
BEING A PHILOSOPHER AND MANAGING TO REMAIN ONE:哲学者になること & 哲学者であり続けること
ECONOMIC LIFE AND OTHER VERY VULGAR SUBJECTS:経済的生活、その他卑しい題材
THE SAGE, THE WEAK, AND THE MAGNIFICENT: 賢い人たち、(臆病で)弱い人、そして気高く崇高な人々
The Implicit and The Explicit: 光と影(陰と陽、南斗聖拳と北斗神拳)
ON THE VARIETIES OF LOVE AND NONLOVE: 愛なるものと 愛ならざるもののいろいろ
THE END: 最後に…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする