PROLOGUE ~私が愛する者たち【だけ】に贈る~

この”LES ESSAIS[lez esɛ:リズィセェイ]”は、私が思うところを真っ正直に書いた、私事の「ESSAY: エッセイだ。

最初に強くことわっておくが、これを書いている私の目的は、「私が愛する者たちだけ」への、私的なものでしかない。

あなたの用に役立てることも、私の「過去の実績」を輝かすことも、いっさい考えていない。
※実際はエセ実績・体験:強欲の奴隷である私が生み出した「砂上の楼閣」「虚飾の資産」「賞・証書(自己顕示欲の産物)」…だったのだから。

もっとも、私の力量では、そういう試みなど不可能なこと、やってはいけないことだから。

私はこれを、「愛する者たちだけ」に向けて書いている。

つまり、愛する者たちが、私と死別した後に(遅かれ早かれ皆そうなる)、このESSAYの中に私の生き方性(さが)の特徴を、少しでも感じ取ってくれるようにと。

また、そうやって、その者たちが私についてもっていた考えをより完全により生き生きと育ててくれるようにと思って書いた。

∴ここに偶然迷い込んで来られた「あなた」が、こんなつまらぬ、空しいThemeのために、「あなた」の人生の「貴重な時間」を「費やす」のは、道理に合わないこと。

ということで、”Good Luck!” ご機嫌よう(笑)

by TATSUHIRO March 10, 2021 a.m.


– Aphorism to My Beloveds –
– Epigram to My Beloveds –
– Wisdom to My Beloveds –
– Knowledge to My Beloveds –
– Information to My Beloveds –
– Message to My Beloveds –
※Aphorism [ˈafəˌrizəm アファリズム]: 〔賢明な考え方を示す〕箴言[しんげん]、格言、金言、警句
※Epigram [ ˈe-pə-ˌgram エピグラム]: 短くて人の胸を突く言葉[表現]、警句、短い風刺詩
※Wisdom: 〔賢明な判断を行う〕見識・分別、〔経験によって積み重ねられた〕知恵・英知、良識
※Knowledge: 知っているということ、知識、自覚、認識、事実、知見
※Information: 〔ノイズではなく本物に近い〕情報


Further Reading: 参考・関連図書

Au lecteur

C’est ici un livre de bonne foi, lecteur. Il t’avertit, dès l’entrée, que je ne m’y suis proposé aucune fin, que domestique et privée. Je n’y ai eu nulle considération de ton service, ni de ma gloire. Mes forces ne sont pas capables d’un tel dessein.

Je l’ai voué à la commodité particulière de mes parents et amis : à ce que m’ayant perdu (ce qu’ils ont à faire bientôt) ils y puissent retrouver aucuns traits de mes conditions et humeurs, et que par ce moyen ils nourrissent, plus entière et plus vive, la connaissance qu’ils ont eue de moi.

Si c’eût été pour rechercher la faveur du monde, je me fusse mieux paré et me présenterais en une marche étudiée. Je veux qu’on m’y voie en ma façon simple, naturelle et ordinaire, sans contention et artifice : car c’est moi que je peins. Mes défauts s’y liront au vif, et ma forme naïve, autant que la révérence publique me l’a permis. Que si j’eusse été entre ces nations qu’on dit vivre encore sous la douce liberté des premières lois de nature, je t’assure que je m’y fusse très volontiers peint tout entier, et tout nu.

Ainsi, lecteur, je suis moi-même la matière de mon livre : ce n’est pas raison que tu emploies ton loisir en un sujet si frivole et si vain. Adieu donc.

https://bohemegalante.com/2020/06/08/montaigne-au-lecteur/

エセー 6冊セット (岩波文庫) p9 読者に」

私はモンテーニュの「原書」が読めない(∵フランス語、ラテン語、ギリシャ語がチンプンカンプン)。

∴Nassim Nicholas TalebのINCERTOを通じて、モンテーニュを知り、TalebがINCERTOで語っているモンテーニュこそが、私のMore Realモンテーニュ像だ(そうやって、モンテーニュを感じることしかできない、情けない自分がいる)。

∵日本語版・英語版は、私が知らない訳者を通じて翻訳されたもの。

∴「日本語版エセー(上の写真のもの)」を買ってはみたものの、読んでて自分が空しくなってきたので、途中で止めてしまっている。

【名著】エセ―|モンテーニュ 気にしすぎで疲れる…。心を軽くする、生き方のコツ ~モラリスト文学の最高傑作~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする