プロローグ: PROLOGUE

【 はじめに 】

これは私が思うところを真っ正直に書いた、私事の「エッセイ」だ。

最初に強くことわっておくが、これを書いている私の目的は、「親愛なる者たちだけ」への、私的なものでしかない。

あなたの用に役立てることも、私の栄誉を輝かすことも一切考えていない。

そういう試みは、私の力に余ることだから。
※力に余る:自分の力ではとても処理できない。与えられた仕事が自分の能力をこえている。

私はこれを、親愛なる者たちだけのために書いている。

つまり、愛する者たちが私と死別した後に(遅かれ早かれ皆そうなる)、このエッセイの中に私の生き方性(さが)の特徴を、少しでも感じ取ってくれるようにと。

また、そうやって、その者たちが私についてもっていた知識をより完全により生き生きと育ててくれるようにと思って書いた。

ゆえに、この「エッセイのエセ―」に偶然迷い込んで来られたあなたが、こんなにつまらぬ、むなしい主題のために、あなたの人生の貴重な時間を費やすのは、道理に合わないこと。

ということで、ご機嫌よう(笑)

by TATSUHIRO March 10, 2021 a.m.

~私たち社会的弱者がハッピーに生きていくために~

【 親愛なる者たちへ: to My Beloveds 】

 - Aphorism to My Beloveds –
 - Wisdom to My Beloveds –
 - Knowledge to My Beloveds –
 - Information to My Beloveds –
※Aphorism [ˈafəˌrizəm アファリズム]: 〔賢明な考え方を示す〕箴言[しんげん]、格言、金言、警句
※Wisdom: 〔賢明な判断を行う〕見識・分別、〔経験によって積み重ねられた〕知恵・英知、良識
※Knowledge: 知っているということ、知識、自覚、認識、事実、知見
※Information: 〔ノイズではなく本物に近い〕情報

ということで、私の「公式Twitter;TATSUHIRO @ a Free Man 社会起業家&教育者」で日和見[ひよりみ]的につぶやくから、フォローしておいてちょうだいね♪


Further Reading: 参考・関連図書


エセー 6冊セット (岩波文庫) p9 読者に」

【追記】

ご意見、ご質問は下記の問い合わせフォームにてお気軽にどうぞ。

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする