私の行動指針(厳格なる)

【重要】このページに「偶然」迷い込んできてしまった方、「あなたの人生の貴重な時間を浪費しないため」にも、まずは「このリンク先のプロローグ」を読んでいただけると嬉しいです。


私は自分があまりにも「未熟でクソでアホ」だということを「強く」自覚・認識しているから、そもそも自分の判断力を全く信頼していない

じゃあ何を基準に行動の判断しているのか?

ああ、「古代の賢人(キケロ、…、セネカ、…)」、それを「発展させながら伝え続けている近現代の賢人(モンテーニュ、…、ニーチェ、ウィトゲンシュタイン、…、タレブ: Nassim Nicholas Taleb)」の知恵・考え方・原理原則を判断基準にしている。

あのTALEBが、”both my hero of heroes(私の「英雄の中の英雄」)”と語っている、モンテーニュですらそうなのだから…
THE BLACK SWAN(HARDCOVER), p101

∴私の言動(More書き・行動するよう最大限に努力)の源泉は、少なくとも2000年前から伝承されている、古代の先人たち(常に超少数派だった)の「知恵考え方原理原則」に他ならない!!!!!!

そして、当然だが、実生活の行動に実際に組み込み、試行錯誤しながら実践している。

この行動指針を実行するための哲学が、「Taleb Practical Philosophy:タレブ実践哲学」or「Incerto Practical Philosophy:インケルトー実践哲学」というわけだ。
※Practical:実践”と形容していることに注意。

もちろん、私の造語だが(笑)

そして、私の日々の言動タレブ実践哲学の実践(実験)に他ならない。

この行動規範があるから、私の人生の行動はとってもシンプルになっているといえる。

まさに、”Less is More! (少ないほど豊か)”を地でいってるわけだ。

とにもかくにも、「私のこのエッセーでいうところの」哲学とは、”Taleb Practical Philosophy (= TPP) ” = “Incerto Practical Philosophy (= IPP) “のことだからね。

「タレブ実践哲学≡少なくとも2000年前からリンディ女史にお墨付きをもらっている、先人たち(キケロ、…、セネカ、…、モンテーニュ、…、ニーチェ、ウィトゲンシュタイン、…、Nassim Nicholas Taleb)が立証し続けてきた実践にこそ、その真価を発揮する哲学」の名のもとに…

Incerto Practical Philosophy (= IPP)の実践とは、Optionality of “Hidden Asymmetries in Incerto Daily Life”を、日々探し、利用することで、人生をAntifragileにしていく行動に他ならない。

Asymmetry: 非対称性(バーベル化)は人生の核だ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする