真[まこと]の『愛』、そして『愛情』とは?

このエセ―で「愛」といったら、「無条件の愛: Unconditional Love」、「献身的愛情、〔無私の〕愛:Devotion」のこと。

つまり「一切の見返りを求めずに他者に与え続ける(Give and Give, Keep Giving)愛」だ。

「Everlasting: 永遠に、変わらない」という形容詞がつけばもっと素敵なものになる♪

そして、「愛情:affection」とは、「相手に対して向ける愛の気持。深く愛するあたたかな心。」

当然だが、無条件であることは言うまでもない。

もちろん、口先だけじゃなく、行動が伴っていなければ意味をなさない。

無条件とは…

“Pure generosity is when you help the ingrate. Every other form is self-serving.*
* Kantian ethics.
The Bed of Procrustes;p93

『純粋な思いやりとは、恩知らずを助けてやることを言う。それ以外は全部、自分にとって都合がいいからやることだ。*
* カントの道徳。
ブラック・スワンの箴言;p167

“True love is the complete victory of the particular over the general, and unconditional over the conditional.”
The Bed of Procrustes;p73

『真[まこと]の愛とは、特殊なものの普遍的なものに対する完全な勝利であり、無条件なものの条件付きなものに対する完全勝利だ。』
ブラック・スワンの箴言;p138

というイメージだ。

現実世界で観察できる「似非(エセ)」愛・愛情

自己の欲求を、自己顕示欲を満たすために、自己保身のために、子供にお節介をやく親(特に教育ママ)は、決して愛ある親とは言えない。

∵本当は自分のためなのに…

例えば、周りの目が気になるから、世間体のために、「ワクチンを打ちたくない」と言っているこどもに、「あなたのため…」「コロナにかからないために…」と言って、圧力をかけてくる母親などがそうだ。

最後に…

こどもたちに愛があるなら、ワクチンを打たせないで!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする