「会社=法人=あなたの分身」を新規設立し、人生を素敵に賢くManagementしよう!

【重要】このページに「偶然」迷い込んできてしまった方、「あなたの人生の貴重な時間を浪費しないため」にも、まずは「このリンク先のプロローグ」を読んでいただけると嬉しいです。


「自己実現をしたい!」

「資産管理・防衛をしたい!」

「a free person になりたい!」

こんなことを叶えてくれるのが、『会社=法人』というあなたの分身だ。

もちろん、分身は何人いてもいい(笑)

そして特に理由がないなら、「10万円」もあれば設立できる「合同会社」をお勧めする。

「合同会社?」って思うかも知れないけど、あの!Amazon Japan(アマゾンジャパン)Googleだって合同会社(LLC: Limited Liability Company)だ。

じゃあ早速、会社設立の具体的な手順をLectureするね。

Step 1: 社名を決める

Step 2: 登記する住所(=本店所在地)を決める

※諸々の事情で、本店を自宅などにできない方、事務所などで固定費をかけたくないなどの理由で、いわゆる「バーチャルオフィス」でという場合は、この例えば、ワンストップビジネスセンター広島店がお勧めね。

Step 3: 会社の電話番号をを決める

携帯電話の番号で十分!

プライベートと会社の電話番号は別にしたいという人は、、このSUBLINEってやつがいいかもね(使ったことが無いサービスをお勧めするのはぼくの信念に反するんだけどね)。
※ぼくが愛用しているのは、SMARTalkなんだけど、新規受付停止中だったから、SUBLINEを載せておいた。

Step 4: 社判とゴム印を買う

社判は「実印」「銀行印」「角印」の3種類がセットになった、[法人印鑑] 黒水牛 3本セット 専用印鑑ケース付き 天丸(実印)18mm/寸胴(銀行印)18mm/角印21mm [kmkhanko]で十分だ。

次にゴム印(諸々の書類を手書きしないで済むから必須)だけど、「社名」「本店住所」「代表肩書(※合同会社の場合は、肩書は【代表社員】だ!) 代表者氏名」「電話番号」が切り離せるタイプ、ゴム印 住所印 法人印 4行合版 親子印 分割ゴム印 組合せ印 [HK090] 会社印 社判 親子台木 セパレート スタイル 62×約29mmでOK。

とにかく!こういうものには極力お金はかけないことね。

Step 5: 目的(=事業目的、やりたいことの内容)を決める

定款に記載する「事業目的」の業種別の具体例をご紹介のサイトの例が素敵だ♪

Step 6: 印鑑証明書を取得する

市役所に行って、登録している印鑑の(代表になるあなた個人の)印鑑証明書を1枚でOKだから取得しておこう。

Step 7: 資本金を代表者の個人口座に入金する

資本金の金額は、1000万円未満(∵消費税免税事業者にしておく必要がある)ならいくらでもいい。

ちなみに、私が過去に立ち上げた合同会社の資本金の幅は「1万円~100万円」だった。

さあ、ここまでできたら実際に新法人設立の手続きをやってみよう!

そこで頼りになるのが、新★会社設立くんね。

私はこのサービスを利用し、これまでに数十社の新会社を設立している。

とにかく、わずか「3,800円」で新会社設立のプロ(行政書士 & 司法書士)が、何から何までアドバイスをしてくれるスゴすぎるサービスだ!

【合同会社の新規設立申込はココをクリック】すると直接飛べるからね。

あともう一つ。

このサービスも素敵だった。

こっちを使ってつくった会社は1社だけだけどね。

本店を東京都内にしたい、固定費をかけたくないなどの理由で、いわゆる「バーチャルオフィス」でという場合は、このカスタマープラスがお勧めね。

会社設立ひとりでできるもんとセットになっているから分かり易い。

合同会社の新規設立はをクリックね。

超!重要

新会社の設立が法務局に承認された後、絶対に忘れてはいけない手続きがある。

それが「青色申告の承認申請書」「法人設立届け」の手続きだ(税務署)。

これを忘れると、赤字経費が繰り越せないので、かなりの損をこくことになる。

兎にも角にも、これ絶対に忘れちゃダメね。

あと、市町村の役所で「法人等の設立解説申告書」、県税事務所で「法人設立届け」の届け出もね。

※注)会社印鑑(3本セット)、ゴム印、定款、履歴事項全部証明書、印鑑証明書は、常に持参していくこと!

新規法人設立と初期手続き手順まとめ

①社名を決める
②登記先の住所を決める
③会社印を注文する(できれば、ゴム印も)
④新法人設立.jpで会社を設立してもらう
⑤法務局で印鑑(実印)登録をし、「印鑑カード」を発行してもらい、「印鑑証明書」「履歴事項全部証明書」を3通ずつ(目安)取得する
⑥税務署で「青色申告の承認申請書」「法人設立届け」の手続きをする
⑦市町村の役所で「法人等の設立解説申告書」の手続きをする
⑧県税事務所で「法人設立届け」の手続きをする
⑨法人番号指定通知書が届いたら、事業実態が分かる「業務委託契約書」「請求書」「領収書」などを用意し、法人銀行口座を開設(複数の銀行にアタック)する。
なお、創業当初は信用がなく、法人口座が作れないことも多々あるので、使ってない代表の銀行口座(個人)を使っておいて、取引の履歴が揃ってきた後に、法人口座を設立してもよい。
⑩営業活動を本格化する

会社設立後に役立つアイテム

GMOあおぞらネット銀行

契約書生成ツール Supported by KDDI
https://smabi.dreamgate.gr.jp/sb/keiyakusho_tool

これ便利すぎるから使ってね♪

そして、最初は売り上げも少ないだろうから、アフィリエイトはやっておくに越したことは無い。

サイトを持っていなくても登録できるアフィリエイトサービス、A8.net(エーハチネット)がお勧めね。

もちろん、A8.netの維持費は0円だ!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする