the Aphorisms of TATSUHIRO to My Beloveds(※日和見的にUP)

気をつけるべきタイプの人間は、

①欲望(金銭欲、自己顕示欲、…)の奴隷になっている人
②コンプレックスを抱えていて、それが強めの人
③恨み、妬みの念が強い人

このような人には近づかない、関わらないこと。

2021/09/15

「Devotion:献身的愛情・無私の愛」を思考の根本に据え、

「Courage:勇気≒Prudence:思慮深さ」をもって行動すれば、

どんな未来が待ち受けていようと、

何も恐れることはない。

2021/07/05

人生とは、決して辿り着けない真理というものに、More 近づくための旅。

“a tiny person”である私たちごときに、宇宙∋地球(自然界)は当然、人間の身体の真実でさえほとんど何もわからない!

でも、哲学的思索と実生活の中で、「Near 真理って?」を探索することは、スリリングで飽くことがない。

2021/07/05

「衣食住(生活の最も基礎となる条件 by 広辞苑)」という言葉があるけれど、「生存」という観点から思考してみると、【水>食!衣住】と表現したくなる。

∴何よりもまず、飲料水を確保しておこう。

2021/06/21

何よりもまず、Independence:自立し、Freedom:自由を手に入れよう♪

そうすれば、Fitting Ethics to a Profession:倫理を職業に合わせられるんだから。

趣味や特技で理性的に幸せに生きていけるから。

どんなにお金があっても、Wealth Without Independence:自立なき富など、何の価値もないし、お前たちを自由にはしてくれないよ。

2021/06/14

人生とは、引き算と損切り、破壊と創造を繰り返しながら、自らの「性(さが)」に適合する物事を残していく作業である。

このことを実行するために身につけるべきは「他人への無関心」というスキルだ!

∴”Less is More!(少ないほど豊か、ちょっとはもっと、…)”な人生 ≈ More Happy Life

2021/06/02

子どもは、親から言われたこと、されたこと、嘘をつかれたこと、…をずっと忘れずに覚えている。

マイナス的なこと程、心の奥底に深く突き刺さっていて、何かの拍子でポッと顔を出し、歳をとってからもちょくちょく脳裏に浮かんできてしまう。

∴子どもへの言動は慎重に!慎重に!慎重に!

ただ幸いないことに、逆はそうでもない。

親なら分かるはずだ。

子どもから嘘をつかれたこと、裏切られたこと、…を根に持っていないってことを。

いや、ほとんど忘れてしまっていることを。

∵自然の摂理。遺伝子的にそうなっている。種の存続。…

∴親 → 【無私の愛、無償の愛、…】 → 子

2021/05/30

人生は、Bottom-up(ボトムアップ的)に歩んでいこう。

Top-down(トップダウン的)に物事を考えたり、進めたりしていくと、

「気が付かないうちに」言動に矛盾が生じて、身動きが取れなくなってしまうから。

そして、何をやるにも “More slowly(ゆっくり)”、”Calm down(落ち着いて)”ね♪

2021/05/12

指&足の爪は、常に短く切って整えておこう。

これも、リスク管理:Risk Management の一つ。

しかも、いいことが結構あったりする。

2021/05/07

時間:Time ≫ お金:Money

Time is Life!

時間は「命」

生存の次に貴重なもの。

失ったお金は取り返せるが、時間は二度と戻ってこない。

※よく、お金で時間が買えるという人がいるし、それは正しいケースもある。
ただ、すべては考え方次第。

2021/04/21

お前たちの時間を奪っていく人間を「時間吸血鬼」と呼べ。

そして、時間吸血鬼を遠ざけよ!

関わらないことだ。

∵時間は「命」、生存の次に貴重なもの。

2021/04/21

「エルゴード性:ERGODICITY」と破滅の概念を理解せよ!!!

何よりも「生存」が「第一」

∴エルゴード性が第一

2021/04/21

ああ、無常。
万物は相対的だ。
絶対的なものなど、なにひとつ無い。

2021/03/16

INCERTO[インケルトー]を日々「精熟思読」し、深く理解すればするほど、この世界が「More(もっと、より、…) Clearly(はっきりと、明らかに、明瞭に)」になってくるようになる。
※INCERTOはラテン語で、UNCERTAIN(不確実な)という意味の語だが、特に断りがない限り「ナシーム・ニコラス・タレブの著書の総称」を指す。

2021/03/16

エッセイ(著作、Twitter、…)がすごいのは、自分の主張・意見・考え方、そして自伝をも、表現(言い方)を変えたりしながら、繰り返し発信できることだ。

2021/03/16

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする